親がガンになった時のことを振り返る子供たちの対話
Listen now
Description
https://www.outruncancer.net/new-blog/episode-ten-zac-and-jordan (Episode 10 English version). Outrun Cancer の以前のエピソードでは、ガンの診断結果が家族に与える影響について話しました。 「ガンにかかるのは本人だけではなく、家族全員がかかるということ」という言い方がありますが、私たちは家族にどう伝え、ガンを経験している家族をどうサポートするかを考えています。 このエピソードでは、ヴァネッサの息子の鷹(長男)と善(次男)が、両親がガンになったときに、その状況をどう見ていたか、どう支援し、対処したかについて率直に話し合っています。ガンの診断をされた私たちの多くは、プライバシーを守るために、誰に、いつ、どの程度の内容を伝えるかを決めなくてはなりません。私たちは、最善と思うことに基づいて、その決定してきました。 鷹と善は台本のない会話で、10 代後半にガンの旅に出たときに考え、感じたりしたことについて語り合います。彼らは、これまでガンについて一緒に1 時間の会話をしたことはなかったため、初めはどう話してよいかを探りながらの会話で始まりました。ポッドキャストの録音を終えたあとも、私たちは自分たちが会話で取り上げたいくつかの話題について話しましたが、自分本位ですが、それは母親としては、とてもよい成果でした。このエピソードの会話を聞いていただき、感謝いたします。そして、とても率直に、勇気を出して、体験談を分かち合ってくれた息子たちに感謝します。 このエピソードの聞くどころ: 鷹と善が、母親がガンにかかっていることを知ったときの最初の反応 (何年か前に父親がガンを経験した後に) 大衆文化 (映画、ドラマ、SNS) でのガンの描写が、子供たちのガンの旅の重要な部分である理由 それぞれの子供が異なる方法で対処した方法。彼らの最優先事項は、負担にならないようにすることで、それは彼らにとって困難なことでもあったこと カウンセリングにまつわる感情と、ガンについて話すことがなぜ助けになるかということ(誰かが話を聞いてくれるか、ただ静かにそばに座ってくれるだけでよい) 鷹と善について: 鷹と善は、ヴァネッサとヤスの息子達です (エピソード 2-3)。彼らはニュージーランドで生まれ、ニュージーランドと日本で育ちました。鷹は現在、オレゴン州ポートランド、善は東京に住んでおり、そこで、働き、走り、生活しています。 Connect with Vanessa: Instagram: https://www.instagram.com/voicesofcancer/ (https://www.instagram.com/voicesofcancer/) LinkedIn: https://www.linkedin.com/in/vanessa-oshima-she-her-37b51113/ (https://www.linkedin.com/in/vanessa-oshima-she-her-37b51113/) Facebook: https://www.facebook.com/weoutruncancer (https://www.facebook.com/weoutruncancer)
More Episodes
This episode brings two work-career connection friends together to talk about ”working through cancer”.  Laura and Vanessa have been friends for many years with their work and careers being similar and crossing paths from time to time.  Their work is very much something they are passionate about...
Published 10/24/22