#88 ゲスト!「近藤の恋愛観」 前編
Listen now
Description
前回のゲストですが樋口は、落差を褒めています。 社会が浮気をどのように受け入れているかを議論しています。 パートナーにケチをつける権利は謎であり、白米を食べることを規制できるでしょうか? 人間関係の名前の無いテンプレートには技術を要しています。 感覚と理論が打撃している。 樋口は、褒めオス達に慣れているかに言及します。 さらに、古典電波から用引いて議論。 誰の子供かわからない状態が自然だったのでしょうか? ここで樋口は、5つの氷にから成り立つ平面上のものを例示していますが難しい。 何の話をしていますか。
More Episodes
Published 01/21/22
重い本では、メモリの占有率が高いようです。 古林は、バイブスの高さが温度の高さになると考えています。 過去になされた実験に興味をもち、電熱線や鉄球のアプローチに差がありません。 樋口はピンっときています。 しかし、このあと古林はついていけない、と自白します。 次に、伝達するピンポン球と袋を考えています。 十分な理解はできていませんが古林は、カツカツと多く言っています。 ついに、何度も謝っています。 一方、樋口は正しい推察を加えます。 次回に続くようです。
Published 01/21/22
再度失った時間があったようですが、樋口は本を完了しています。 まず、かまくらでご飯を食べることができるサーヴィスを紹介しています。 映画館がなかったために、土屋Pが小地区や不閏などを携えました。 彼らは共同した座禅をShineにさせたいと考え始めました。 3種類のシフォンに基づいたオペレーションシステムを考えています。 ありがとうの奇跡が刻まれている通貨が素敵だと言います。 ロマンなどの単位を褒め、ミームを没収したいようです。 樋口は謝辞を述べ、拍手喝采。 奈良県の経営者はお話に期待を残します。
Published 01/14/22