#118 本が読めない
Listen now
Description
そこには二度と聞きたくない4文字のイディオムがあります。 彼らはお互いに苦渋の決断に同意しています。 新型オトナウィルスという文字にネガティブなイメージが共通しています。 コンディションに依存して、ウワウワと思うこともあるようです。 蛇を選んだ古林の責任も考えられます。 しかし、古林は弱者の立場から持論を展開します。 再現性がある場合、好き嫌いをしてはいけないのでしょうか? 著者らはラッパーと同じだと主張しています。 尊敬が強く、樋口は苦しめられ、古林は自己を保ちたい。 国民の役割です。
More Episodes
単語”Tor”を説明します。 難解な通信の形式で、シンプルな解説を求めます。 最も悪名高いEコマースのモラルに配慮しますが、ロマンティックを感じている古林。 類似性を強調します。 インターネットへの感想を話しており、専門的な用語が多く感じられます。 ブロックチェーンの存在意義に疑問を呈しています。 新しいレイヤーの発見に興味を強くします。 古林は歴史的産物を買い占める画策を考えています。 さらに、新しい陰謀論を提示しています。 樋口も陰謀を理解しましたが、トピックを残しました。
Published 08/12/22
彼らは、なぜこのようなことをしているのでしょうか? 古林は、ここで信頼を獲得している必要があり、逆dす。 いくつかのトピック、久しぶりですね。 まず、蚊の音に二人は不満を顕にし、警告を要求します。 近藤の指摘は半分近く的確で、オブジェクトはネズミとなります。 古林は人工物の美しさに着目し、二段階の発見を得たとしています。 -樋口の高校時代の話- 美しい岡でも、平面であったほうが都合がいいと感じ、衝撃的でした。 自然が美しいと感じるのは盲目的でした。
Published 08/05/22
Published 08/05/22