ヒトっぽい生物と長寿の動物から次世代の治療法を考える。【生物のデザイン 後編】 #71
Listen now
Description
ヒトっぽい動物を作り医療に応用していく方法や、長寿の動物を調べることで研究のヒントを得ることなど「生物のデザイン」をテーマに語っていただきました。 【ゲスト】 鳥取大学 医学系研究科 山崎匡太郎さん 最近発表された論文はこちら↓ Satofuka, H., Abe, S., Moriwaki, T. et al. Efficient human-like antibody repertoire and hybridoma production in trans-chromosomic mice carrying megabase-sized human immunoglobulin loci. Nat Commun 13, 1841 (2022). https://doi.org/10.1038/s41467-022-29421-2 【トピック】 ・マウスとヒトの抗体の違い ・ハイブリドーマとヒト化抗体→#24 ウイルスと抗体の研究はどうやってる?【番外編】 ・ファージディスプレイ ・マウスをデザインしてヒト化抗体を作らせる。 ・コウモリは長寿 ・p53遺伝子 ・筋ジストロフィーと遺伝子治療 ・ターナーシンドローム ・生物の能力を借りるアイデア 毎週月曜日配信! ポッドキャストのフォローやレビューいただければ嬉しいです。 Twitter #サイエンマニア https://twitter.com/REN_SciEnTALK SciEnMANIA公式サイト(おたよりフォーム) サイエントーク → https://scientalkclub.wixsite.com/scientalk BGM only a little
More Episodes
おたよりフォーム: https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdAfJ7xr6zA_EaFt_LuISv70SlG_HuE2NMa1D0cMRIEv86v0Q/viewform?usp=sf_link メール: [email protected] Twitter: https://twitter.com/REN_SciEnTALK SciEnMANIA公式サイト 研究者レンの別番組→サイエントーク  https://scientalkclub.wixsite.com/scientalk BGM: Gentle...
Published 06/19/22