#92 何も言ってない 〜前編〜
Listen now
Description
劇的な提案について解説しています。 古林の船を出発するようなベンチャーをインタビュー。 怒るとき、兄が理由の存在を肯定しましたが、それは普通です。 様々なInが解説をしている、樋口は一度聞くことにします。 これ以前に、二度続けて話を聞きました。 3D空間を脳に入れることができず、理解しやすい吊り橋効果です。 人間が不愉快なストーリー付けなどをしていることを例示し、古林を評価しています。 様々な色の眼鏡が必要であるとしています。 さらに、消しゴムの存在を褒めたり、けなしたりする話をしています。 怒りだけが赤く光るレンズが恐ろしい。
More Episodes
前回のようなオープニング、樋口に驚きがあります。 部分的である場合、樋口は古林のものであると言えます。 ここで、tibuを出した歴史は否定するかどうかに関わりません。 さらに、古林はすべての哲学的なゾンビを所有していると主張しています。 樋口の権威に依存した人々は具体的な不利益を持ち、さまざまな場所で発現します。 全部そうです。 できあがったサンマには膨大なイメージがあり.そうです。 すべての人々が樋口を形成しているため、極めて民主的であるといえます。 n対nのモデルで検討することによって、最近、とても境目を見つけることができない鶏卵。 リスナーの総意によりエンディング...
Published 05/20/22
オープニング、樋口は触っています、噛んでいたようす。 ものすごいバイアスに気づかない古林、樋口は嬉しいと感じています。 樋口は、彼らを騙すために専門用語を使っていたにすぎません。 サマリーには無い悪意です! たるたるそうす国民放送【https://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=7619_01_3780514】 共同体的な不和【discord.gg/kKwB6XvacN】 合同の宿が汚え【https://discord.gg/Hh2vW6EgtH】 驚いています、懺悔、非常に硬い。 運転中に録音してはいけません! 全...
Published 05/13/22
Published 05/13/22