#96 鎌倉の基本、熱力学を究める
Listen now
Description
重い本では、メモリの占有率が高いようです。 古林は、バイブスの高さが温度の高さになると考えています。 過去になされた実験に興味をもち、電熱線や鉄球のアプローチに差がありません。 樋口はピンっときています。 しかし、このあと古林はついていけない、と自白します。 次に、伝達するピンポン球と袋を考えています。 十分な理解はできていませんが古林は、カツカツと多く言っています。 ついに、何度も謝っています。 一方、樋口は正しい推察を加えます。 次回に続くようです。
More Episodes
取材が長引いた樋口、人間は弱い。 次に、古林は痛みのある腰が原因?いいえ、不注意によるミスです。 弟子の正は不注意によるミスによって死にそうです。 では人々の嗜好性に依存している、と主張しています。 ここで、富樫の話です。 彼らは同乗者の記憶に頼っている点でお互いに共通します。 樋口は話をそらしました。 狭い場所で暴れることを望むかどうかでは、同意することができません。 言及.医者がホームランをヒットさせるケースが少ない。 最後に、開拓者たちは体験談を求めています。
Published 05/27/22
Published 05/27/22
前回のようなオープニング、樋口に驚きがあります。 部分的である場合、樋口は古林のものであると言えます。 ここで、tibuを出した歴史は否定するかどうかに関わりません。 さらに、古林はすべての哲学的なゾンビを所有していると主張しています。 樋口の権威に依存した人々は具体的な不利益を持ち、さまざまな場所で発現します。 全部そうです。 できあがったサンマには膨大なイメージがあり.そうです。 すべての人々が樋口を形成しているため、極めて民主的であるといえます。 n対nのモデルで検討することによって、最近、とても境目を見つけることができない鶏卵。 リスナーの総意によりエンディング...
Published 05/20/22