#111 鴨を叩きたい
Listen now
Description
まず、現在のトピックを樋口が否定しています。 鳩についての詳細な検討。 古林の回想ですが、常に不穏です。 実際に樋口には、何を言っているのかわからないようです。 腹や胸を叩くように指示し、確認しています。 専門的な解説が行き、樋口による場合は個人的な原因も考えられます。 ついに樋口は共感し、古林は歓喜します。 さらに、楽器を創作したいと考え、Googleでした。 理想的には、鴨において水分がなくリラックスしている状態であると言います。 古林がバッドアス、露呈しました。
More Episodes
そこには二度と聞きたくない4文字のイディオムがあります。 彼らはお互いに苦渋の決断に同意しています。 新型オトナウィルスという文字にネガティブなイメージが共通しています。 コンディションに依存して、ウワウワと思うこともあるようです。 蛇を選んだ古林の責任も考えられます。 しかし、古林は弱者の立場から持論を展開します。 再現性がある場合、好き嫌いをしてはいけないのでしょうか? 著者らはラッパーと同じだと主張しています。 尊敬が強く、樋口は苦しめられ、古林は自己を保ちたい。 国民の役割です。
Published 06/24/22
オープニング、ケアレスミスについて。 巧みな誘導により、国民の表出する画面や音声です。 そして、彼らはオフパーティの記憶をたどります。 拡大の催しは古林にとって新鮮ですが、樋口はすでに承認していました。 また、樋口は件の婆を模しています。 これまでPodcastをすることではなかった、と発見があります。 ここで、古林は一部を除いた国民に対する不満を顕にします。 この時点でリスナーは諦めるべきだと主張しています。 いったい、新型オトナウィルスとは何だったのでしょうか? ブロックチェーン技術者に期待しています。
Published 06/17/22
Published 06/17/22